タンパク質を摂るべきタイミングと目安摂取量について

タンパク質

スポーツジムに通って運動に励んでいる方や自宅でトレーニングに励んでいる方はもちろん、普段の生活でも消費しやすいが故にプロテインを使用してタンパク質を得ている方も多いです。

口から摂取する事により体内に栄養が摂り込めるのは事実ですが、人体には口から摂り込まれた栄養が処理可能な許容量が存在するため、一度あたりに1日に摂取した方が良い量を纏めて摂取したとしても吸収されずに排出される分が生じます。

また、許容量を超えて摂取された分は排出されてしまうのと同時に脂肪分になる事もあるので、トレーニングの結果に影響を及ぼさないために1度に多量に摂取せずに分けて得る事が大事です。

タンパク質は1度に40グラムまで吸収できる

プロテインを摂取する上で念頭に置いておく事として挙げられるのが
人体が1度あたりに処理可能な40グラムという量についてです。

人体が1度につき処理できるタンパク質の量が40グラムという事は
1日に60グラムから90グラムのタンパク質を摂取しなければならない成人の事例では
食材からも得る量を思慮し1度あたり15グラムから20グラムにすると良いです。

このような15グラムから20グラムという1度あたりの分量を取り扱う時に大切なのは
プロテインのパウダーの分量ではないという事なので、製品のパッケージに記されている成分表示を参考にしましょう。

タンパク質の摂取するタイミング

こうした1度あたりの目安量や1日あたりの目安量を理解した際に気になるのが1日の中での摂取するタイミング。

もはや
当たり前なことかもしれませんが
筋力トレーニングをした後にプロテインドリンクなどでタンパク質を摂取するのはベストタイミングです。

それ以外のタンパク質の摂取は
過剰分が排出されたり脂肪分にならない程度の分量が守られていればタイミングは比較的自由度が高いです。

そのため、過剰分が生じない事を考えて1日の中で複数回に分けて摂取していくのなら
1日に3回に分けて得るようにすると負担が無い様子で得られるようになります。

そして、複数回に分けて得る時には空ける時間を均等にするとより一層プロテインの作用が感じられるようになるため
朝食中や昼食中、夕食中というように食間に口にする習慣を持つようにするとより良いです。

食間のタイミングを選ぶと良い理由としては
口にする食材の様子によって柔軟にプロテインの量が変更させられる様子も関係しており

朝食は特性上摂取するタンパク質がそう多くないものの一方夕食は多くなりやすい傾向にあるため
朝食や夕食などのタイミングによって変更しつつ食材によって微調整を行うようにしましょう。

さらに、パウダータイプを溶いて味わう場合には牛乳ではなく水を使用した方が消化吸収に優れています。

主にプロテインからタンパク質の摂取する方が多いと思いますが
目安摂取量は1回で40グラム、トレーニング後や食事の回数に合わせてタンパク質を摂るようにしてみてください。